赤ちゃんの難聴は
簡単に発見できます

詳細を見る

新生児聴覚スクリーニングが大切な理由

新生児聴覚スクリーニングがすべての
赤ちゃんにとって大切であること、

難聴のある赤ちゃんに備わっている潜在能力を
十分に引き出すためにできることをお伝えします。

新生児聴覚スクリーニングとは?

ほとんどの赤ちゃんは聴覚が正常な状態で生まれ、生まれたときから音を聞くことができます。一方、1,000 人に 1~2 人は難聴がある状態で生まれています。このような赤ちゃんは、親の話し声、歌声や読み聞かせの声をしっかり聞き取ることができず、言葉を発したり覚えたりするのが遅くなります。新生児聴覚スクリーニングは、早期に診断して治療を始められるように、難聴の可能性が高い赤ちゃんを見つけます。

聴覚スクリーニングは多くの場合、病院やクリニックで看護師や専門の検査担当者が行います。多くの地域では、赤ちゃんが生まれたあとすぐに聴覚スクリーニングを受けられるように、新生児を対象とした聴覚検査が行われています。

新生児聴覚スクリーニングで
「パス(合格)」にならないのは?

赤ちゃんが聴覚スクリーニングで「パス(合格)」と判定されなかった場合は、さらに詳細な検査を受ける必要があります。難聴の可能性があるので、精密検査を受けることが重要です。

必ずしも、赤ちゃんがずっと難聴のままということではありません。聴力が正常な赤ちゃんでも、一時的な条件や環境の影響で正しい結果が得られないことがあります。たとえば、次のような条件や環境がその例です。

検査の担当者は、検査の条件や環境を整えて、信頼性の高い検査を行えるように努めています。生後 12 時間以上経ってから検査すると、外耳道に液体が詰まっている問題は避けられる可能性が高くなります。また、授乳後の静かに寝ているときが検査に最適です。検査の担当者は、検査に適した静かな部屋を準備することも考えなければなりません。

初回の検査で赤ちゃんが「パス(合格)」と判定されなかった場合、多くの場合、詳しい検査を実施する前に、1回目と同じ検査をもう一度行います。

新生児聴覚スクリーニングで
何回も「パス(合格)」にならない場合は?

新生児聴覚スクリーニングで何回も「パス(合格)」にならない場合は、精密検査や診断を受ける必要があります。診断のための検査は、一般的に病院で耳鼻咽喉科の専門医が行います。
精密検査では難聴があるかどうか、難聴であればその種類と重症度が確認できます。難聴と診断された場合は、医学的にさらに調べるために病院を紹介されることもあります。難聴の原因、種類と重症度を理解することは、治療計画を決めるうえで重要です。赤ちゃんの難聴が恒久的である場合は、補聴器、人工内耳、早期介入(教育面のサポート、言語療法、コミュニケーション手段)などの治療や対処方法があります。

難聴がある状態で生まれたお子さんも、
月齢 6 ヶ月までに治療や介入を行えば、
多くの場合、標準的な言語力、発音や発語を習得できると言われています。

受診している病院や
クリニックが新生児
聴覚スクリーニングを
実施していない場合は?

受診している病院やクリニックで新生児を対象とした聴覚スクリーニングが行われていない場合や、お子さんが音をちゃんと聞こえていないのではと心配な場合は、下記の専門家に相談すると最適な情報を得ることができます。

  • 赤ちゃんの担当医
  • 耳鼻咽喉科の専門医
  • 行政機関等の相談員

新生児聴覚スクリーニングが重要な理由

聴覚はコミュニケーションの土台であり、社会での交流を後押しするものです。聴力は話し言葉を学ぶうえで基本的な役割を果たし、子どもの認知発達にとっても重要です。難聴は子どもの教育や社会化の妨げとなり、診断や治療が行われていなければ、それは特に顕著となります。難聴の状態で生まれた赤ちゃんが早期診断や早期治療を受けられなかった場合には、生まれてから数ヶ月後、数年後に一般的に見られる成長の節目となる出来事が見られません。

一般的に見られる成長の節目となる出来事を紹介します。「+」ボタンをクリックすると、難聴に気づいていない場合に成長過程にどのような影響があるかを確認できます。

0-3
months
赤ちゃんがむずかっていても、親の声が聞こえると落ち着いて静かになります。また、大きな音がすると反応したり起きたりします。授乳しているときに音がすると、赤ちゃんがお乳を飲むタイミングなどが変わります。
赤ちゃんの難聴に気づいていなくても、難聴の程度によって、赤ちゃんは大きな音に反応する場合があります。重度の難聴がある赤ちゃんは、見えたり触れたりする刺激もある場合を除き、声が聞こえて落ち着いたり、小さな音に反応したりすることはないかもしれません。新生児聴覚スクリーニングを受けなければ、一般的にこの時点では赤ちゃんの難聴には気がつきません。
3-6
months
この時期になると、親の声の調子が変わったときに反応したり、音や音楽の鳴るおもちゃに興味を示したりします。赤ちゃんがさまざまな喃語を発したり、その声の変化を親が感じ取れるようになったりします。
赤ちゃんにまだ確認されていない難聴がある場合、こうした行動は見られません。声や音、音楽がとても大きいとき、または視覚的な情報が一緒にあるときにだけ、こうした行動が見られる場合もあります。新生児の聴覚スクリーニングの目的は、月齢 6ヶ月までに、難聴のある状態で生まれた赤ちゃんを把握し、診断し、治療や介入を始めることです。
7-12
months
この時期になると、赤ちゃんは音や声のする方向を見るようになり、話し声を盛んに聴いて真似するようになります。月齢 12 ヶ月頃までには、1 ~ 2 語で話しをするようになる場合もあります。
月齢 7 ~ 12 ヶ月の時点で難聴に気づいていない場合、視覚的な情報も一緒にあるときを除けば、赤ちゃんは音の方向に注意を向けたり、目で追いかけたりすることがありません。言葉の意味がわかった様子を見せることがなく、話している言葉の真似をすることもありません。1 歳になっても言葉を発しないかもしれません。身近にいる家族は、同い歳くらいの他の子と比べて、赤ちゃんの成長が遅いのではないかと気づきはじめる可能性があります。
1-2
years
赤ちゃんは 1 歳を過ぎると、簡単な言いつけに従ったり、話しや歌に耳を傾けたり、名前を言われた絵を指さしたりするようになります。1 語だけで話していた言葉が増えて、2 語を続けて話し始める時期でもあります。
この時点で赤ちゃんの難聴に気づいていない場合、こうした成長に大きな遅れが見られます。新生児聴覚スクリーニングを受けていない場合は難聴があることにこの年齢になっても気づかず、治療や介入が行われません。
2-3
years
2 ~ 3 歳の頃には主に 2 ~ 3 語で話し、家族はその内容を理解できます。また、何か欲しいときには、その名前を言って欲しがります。
この時期は新生児聴覚スクリーニングを受けていない場合、子どもの成長について親が心配して難聴にようやく気づく平均的な年齢です。この時点では、脳の言語能力と発声発語が発達する重要な時期を過ぎているため、子どもの言語力や発生発語を高めるのは難しくなります。
3-4
years
この時期、子どもは家族と同じ音量でテレビの音を聴き、他の部屋からの呼びかけにも応えます。また、3 ~ 4 語の文を作って質問をしたり起きたことなどについて話したりします。
この時点で難聴に気づいていない場合、子どものこうした行動には大きな遅れが引き続き見られます。新生児聴覚スクリーニングを受けていなければ、この年齢まで難聴であることに気づかれない子どももいます。子どもの難聴に気づいて治療しはじめるのが遅れるほど、健聴児と同じ教育の場でうまく過ごすことは難しくなります。

新生児聴覚スクリーニングを行い、生後かなり早い時期に治療や介入を行うと、難聴のある状態で生まれた子どもも年相応の状態まで聞く力や言語力を高められ、健聴児と同じ教室で学校教育を受け始めることができます。

新生児聴覚スクリーニングの
検査の種類

聴覚スクリーニングに適しているとされているとされている検査は、耳音響放射(OAE)と自動ABR(自動聴性脳幹反応)の2種類です。OAE 検査は自動ABR検査よりも検査時間が早い場合が多く、また使い捨ての電極を必要としません。

自動 ABR検査は一般的に、特異度に優れた検査です。このため、普通に聞こえている赤ちゃんが間違って精密検査に回されることはほとんどありません。自動 ABR検査では聴神経系を原因とする聴力の問題を見つけられますが、OAE検査で見つけられるのは内耳性難聴のみです。また、自動 ABR検査は、出産歴によって難聴のリスクが高いと考えられる赤ちゃんに対して行うことが特に推奨されます。

1

OAE検査

とても小さなスピーカーとマイクが搭載されたプローブを赤ちゃんの耳に挿入します。

プローブから音が流れ、内耳で音の放射が起こります。マイクでこの反響を検知し、反応が正常かどうかを判定します。

結果は「パス(合格)」または「リファー(要再検査)」と表示されます。

2

自動 ABR検査
ヘッドホン
一体型電極

電極用ジェルを赤ちゃんの頭頂部に塗ります。

ヘッドホンから音が流れます。ヘッドホンに組み込まれた電極で脳幹の反応を測定し判定します。
 

結果は「パス(合格)」または「リファー(要再検査)」と表示されます。

3

自動 ABR検査
使い捨て電極

使い捨ての電極と乳児用イヤカップを赤ちゃんに装着します。

イヤホンから音が流れます。電極で脳幹の反応を測定し判定します。

結果は「パス(合格)」または「リファー(要再検査)」と表示されます。

メイコ社(ドイツ)製の新生児聴覚スクリーニング用検査装置

OAE検査

イーロ・スキャン

  • 新生児から成人を対象に、聴覚スクリーニングだけではなく、診断に役立つDPOAE 検査が可能です。
  • 検査は自動スタート、結果は「パス(合格)」または「リファー(要再検査)」表示、グラフ表示も可能です。
  • 片耳の検査は最短で約30秒、両耳の検査は約1分で終了します。※ 1
  • 感熱式プリンターへワイヤレス接続するため検査結果をその場ですぐに印刷できます。
  • 検査プロトコルはスクリーニング用と診断用があり、診断用は設定値をカスタマイズすることができます。
  • 診断用の検査プロトコルでは12kHzまで測定できるため、感音性難聴の診断のほか、騒音性難聴の早期発見や聴器毒性を引き起こす薬物治療時のモニタリングなどにもご活用いただけます。

※1:自社調査による実測値。検査プロトコル、検査時の状況に依存します。

販売名:イーロ・スキャン
医療機器認証番号:230AIBZX00034000

製品カタログのダウンロード

自動ABR検査

MB11 ベラフォン

  • 電極の貼付が不要のため赤ちゃんに優しく検査できます。
  • 検査時間は片耳で最短約15 秒※ 2、3
  • 使い捨て電極不要のため、消耗品を大幅に削減できます。
  • 高い刺激頻度と独自の反応検出アルゴリズムの採用により聴性誘発反応を短時間で検出します。
  • 検査結果は専用プリンターよりラベル(シールタイプ)の印刷が可能です。

※2:検査時間は検査の条件や環境により異なる場合があります。
※3:参照文献:Cebulla, M., & Shehata-Dieler, W. (2012). ABR-based newborn hearing screening with MB11 BERAphone®
using an optimized chirp for acoustical stimulation. International Journal of Pediatric Otorhinolaryngology, 76(4), 536-543.

販売名:自動ABR MB11
医療機器認証番号:301AIBZX00004000

製品カタログのダウンロード

自動ABR検査

イージースクリーン

  • ハンディータイプの自動ABRによる新生児聴覚スクリーニング検査装置です。
  • OAE検査(DPOAE・TEOAE)もオプションで追加することができます。
  • タッチパネル式の画面で、医療用手袋をしたまま操作可能で、数回の操作だけで検査を開始できます。
  • 画面に表示される説明ガイドに従って操作することで適切な検査結果を得ることができます。
  • 色別に表示されるLEDライトにより検査中の耳、電極抵抗や検査の状況を確認しながら検査を実施できます。
  • トランスデュ―サーの選択肢が豊富で、自動ABR検査では赤ちゃんにも検査者にも負担の少ない電極とヘッドホン一体型「ベラフォン(BERAphone®)」を使用できます。イヤカップまたはイヤチップ使用のトランスデューサーも使用可能です。
  • OAE検査では、プローブまたはイヤチップ使用のトランスデューサーを選択できます。
  • 検査結果はラベル印刷によるシールタイプのため、母子手帳などに直接貼ることができます。オプションでデータ管理を行えるソフトウェアもあります。

販売名:イージースクリーン
医療機器認証番号:302AIBZX00010000

製品カタログのダウンロード

日本国内の製造販売元

デマント・ジャパン株式会社
ダイアテックカンパニー
〒212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
ソリッドスクエア西館16階

Tel 044-543-0630 | Fax 044-543-0631
info@diatecjapan.com

お問い合わせ

下記へ必要事項をご入力ください。担当の者よりご連絡いたします。

* 必須入力項目
送信される情報は、個人情報保護方針に基づき適切な管理をしております。当社の個人情報保護方針については こちらをご確認ください。

ご存知でしたか?

Newborn Hearing Screening | MAICO

未熟児として生まれた赤ちゃんに録音された話し声や子守歌を聴かせると、良い反応(心拍数と呼吸数が落ち着き、動きが静かになる)が見られます。

https://www.nature.com/articles/jp20161

ご存知でしたか?

Newborn Hearing Screening | MAICO

生まれたばかりの赤ちゃんは、母親の真似をして、地域独特の「アクセント」で泣きます(医師:Kathleen Wermke)
詳しくはこちら:

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1225528/Babies-mothers-accent-says-Dr-Kathleen-Wermke.html#ixzz4yOPgBZ5I

ご存知でしたか?

Newborn Hearing Screening | MAICO

赤ちゃんの 1,000 人に 1~2人は、片耳または両耳に恒久的な難聴がある状態で生まれています。このような状態で生まれる赤ちゃんのほとんどは、ご家族に難聴の既往歴がある方はいません。

メイコ社(ドイツ)は、
聴覚スクリーニングの
分野において
80 年の歴史があります

すべては、ひとつのビジョンから始まりました。Leland A. Watsonは、アメリカのミネアポリスで、耳科専門医で補聴器の販売員でもあった父親の元に生まれ、父親のような医師に売られている聴覚検査装置は使うのが難しいことに早くから気づいていました。

彼は、1937 年に、もっと使いやすい聴覚検査装置を設計し、製造するという使命感のもと、Medical Acoustics Instruments Company を設立しました。会社名はのちにMAICO(メイコ)と短くなり、直感的に使える「オージオメータ」(Watson による造語)を表す言葉として知られるようになります。

1991 年、ドイツのベルリンにある Robert Bosch GmbHの聴覚機器部門がアメリカのミネアポリスにある メイコ社 と合併しました。このときから、メイコ社 は両拠点に本社を置いています。

1995 年、メイコ社 は、デマント社(デンマーク)グループの医用検査機器部門の一員となりました。これにより、メイコ社 は聴覚検査にかかわる情報が蓄積された膨大なデータベースを利用できるようになり、使いやすいスクリーニング用検査装置の開発がさらに進みました。

日本国内においてはダイアテックカンパニーがメイコ社製品を独占的にお取り扱いしています。